以前から気になっていた「万引き家族」を観てきました。

う~ん。すぐには言葉にならない…

心の中が複雑な気持ちになりました。

最後のシーンはこれで終わり?っていう感じでなんか物足りなかったかな。

ゆりちゃんは、最終的に親元に戻ったけれど、

この子を安心できる家(今回の舞台となった家)に戻してから終わって欲しかった(^^;

(私なら、結末はこうする)(^^;(笑)

ゆりちゃんと、細かい事情は違えど、他人事には思えなかった。

あまり話すとネタバレになってしまうから、話すのが難しいんですけど(^^;

決して楽な生活をしているわけではないこの家の人々が、

ゆりちゃんをかわいがる姿が印象的だった。

一歩、外に出ると、職業である「万引き」をし、ハラハラする一方で、

なぜかこのこぎたない家に登場人物が帰ってくると「安心」した。

血はつながっていなくとも、「安心」のある家庭だと感じた。

そう、人って不器用だから、どう表現したらいいのかわからなくて、

言いたいこと言っちゃって、家族ならなおさらだけど…

最終的には「安心のある家庭」って大事…

…って私は思う。