昨日は「生きづらさの元」という内容のお話をしました。

詳細はこちら↓

https://megumi.counseling1.jp/2018/08/27/ikidurasanomoto/

今日は「機能不全家族」について掘り下げてみたいと思います。

機能不全家族とは…

  • 親(または、その立場の人)が肉体的、精神的に虐待をする家庭
  • 親(または、その立場の人)が多大な期待をしたり、

子どもが家庭内の不和などを見て調和させようとして、

子ども自身が大人のふるまいをしなければならない家庭

そして、具体的には…

  • よく怒りが爆発する家族
  • 冷たく愛の感じられない心の交流のない家族
  • 他人や兄弟姉妹と比較される家族
  • 期待が大きすぎて何をやっても期待に添えない家族
  • 基本的な子どもの世話をしない家族
  • 両親の仲が悪い、嫁姑の仲が悪い家族
  • お金、仕事、学歴だけが重視される家族…などです。

例えば、私は「常に怒りのある家」で暮らしていました。

こんなに、いつも注意を受けるのは「私が悪いからだ」と感じるようになり、

この家では自分の感情を出すのをやめようと次第に無表情になっていきました。

そして、結婚するまでの十数年をここで暮らすことになります。


これを読んでくださっている方の中で、

生きづらさを感じていらっしゃる方がいらっしゃいましたら、

↑上記に記しました一例に心当たりはないか一度、探ってみてはいかがでしょう。

そして、ご自身のことをとっても大切な存在として受け止めてあげてくださいね。