タイトルを見て「なに?このタイトル」と思われた方もいらっしゃると思います(笑)

お陰様で、今、
こうしてカウンセラーとしてブログを書かせて頂いていますが、
その昔、大手のポテトチップス製造工場で
ひたすらじゃがいもを切っていたことがあります。

今日は、手作りでチップスを作ろうと、じゃがいもをスライスしていたら、
このことを思い出しました(笑)

私は、一番初めの工程、じゃがいもの芽をとるラインにいました。

始めは、流れてくるじゃがいもを手に取り、リズムにのって、

芽を取ることが出来るのですが、疲れてくると、ペースが落ちます。

しかし、やめるわけには、いきません。

朝から、晩まで、ずーっとじゃがいもさんと向き合っていました(笑)

こうして、無事に店頭に並ぶのも「工場で働く人々のおかげ」と改めて感じます。

ひとつひとつは地道な作業でも、継続すれば形になるということを感じます。

そして、チームワークの大切さも学んだ仕事でした。

じゃがいもと粘り強く向き合ってきたわたくしで、

あなたのことをお待ちしています。