また、私の身の回りで、

若くして逝ってしまわれた方がいた(涙)

私の母は36年の生涯だった。

長く生きればいいというものではないのかもしれないけれど、

あまりにも、早い別れだった。

今、私が、健康に気をつけているのは、

自分の為でもあるが、こどもの為でもある。

せめて、こどもが、はたちになるまでは、

生きる義務があると思っている。

いや、私は…

それ以上、生きる…(笑)

そして、皆さまの毎日が楽しく過ごせるように

一緒に歩んでまいりたいと思っています。