昨日は「プーと大人になった僕」の映画から、

「何もしないって…」ということについてお話しました。

詳細はこちら↓

何もしないキャンペーンがあったら…

今日は、その続きです。

クリストファ―ロビンの娘マデリンは、
寄宿舎に入るため、明けてもくれても勉強をしている。

それは、マデリンの意志からくるものではなく、
父であるクリストファーロビンが考える幸せの形にのっかったもの。

しかし、あるとき…マデリンは母であるイヴリンに問う。

「どうやって楽しむの?」

まさしく、私も、こんな感じの子どもだった。

本来、子どもというのは、黙っていても遊びを考えてしまう…

「楽しめ」といわなくても知らないうちに楽しむ生き物。

そういう意味でも、
「本当に大切なものは何か」を
感じ取ることが出来る作品だと思います。

遅ればせながら、ただいま人生謳歌中でございます(笑)

ありがとうございます。