どんな世界にも「上には上がある」

先日、私は、自分にとっては「少し背伸びをしないとできないな…」と思うこと
を依頼されました。

このことについて人に助けを求めれば、
今の自分の持っているものよりいいものが出来たかもしれません。

しかし、人にゆだねればそれは「人の色」になり「私色」ではありません。

改めて相手はそこを望んでいるのかな…とじっくり考えてみた。

相手の人は「私の良さ」を買って依頼してくれたということに気づいた。

なので、少々抜けててもいい…(笑)

それが人間の面白さ…味になる…私の良さだと思った。

だから、今の私の出来る範囲がベストだ…って気づきました。

 

体調を崩しておりまして、ブログをお休みさせて頂いておりました。

楽しみにされていた方、お待たせいたしました(笑)

すっきり爽快、たくさん睡眠をとった次の日に思いついた話でした。

今日も目を通して頂きありがとうございます。