今日は、娘の冬休み初日ですが

「中学生学校給食選手権」に出場しましたので、見学してきました。

これは、岐阜県下中学校の生徒が「魅力ある私たちの学校給食」というテーマに基づき

「生徒が考案した献立」の書類審査を通過した、

9校(1校1チーム3名)が出場できる、いわば野球でいうところの甲子園です(笑)

娘たちのグループは、こんな感じで仕上げました。

ひじきごはん、さけのきのこあん、ほうれんそうのごまあえ、根菜汁、リンゴ

見学といえば、今までは、試合でしたが(笑)

こうして、娘やお友達の作業を分担する姿や協力し合う姿を見ることができ、

大変嬉しく思いました。

また、地域の特産物、各務原にんじんや岐阜ほうれんそう等使用したり、

まぜごはんにしたりして苦手な食材を無理なく食べられる工夫がされていました。

 

同じ岐阜県といっても、地域により、特産物も違いますし、

皆さん、地元の魅力満載のステキな献立だったと思います。

 

参加賞として、地元の支援学校の生徒さんが作られた陶器とランチョンマットを頂きました。

陶器好きの私としては、大変嬉しい
(い、いや、あくまで娘にもらったものだ)(笑)

「わ、わたしの作る陶器よりもク、クオリティがた、たかい」

中学生の方々からパワーを頂きました。

ありがとう。