昨日は

くれたけからのお題に答える形で

「身近なほっこりした経験をひとつ」というお話をしました。

そのお話の中で…長男の中学時代のエピソードに

反抗期とはわかっていてもちょっぴり寂しさを覚えたものでした。

さて、いまだに(笑)

反抗期、真っ只中の娘もおりますが、

私が中学生の時には、すでに母も他界しており、

アルコール依存症の父の「親役」もやり、

子どもらしい子ども時代を送って来なかった私にとっては

娘が反抗できる環境にあるということは

一応、親として機能しているのかな…と感じております。

未熟な親ではありますが、

日々娘の成長を見守ってきたいと思います。

こうして、思春期の娘のそばに(同性の親が)いられることは、

過去の私を癒しているともいえます。

本当にありがたいことだと思っています。