今日から、娘は飛騨高山へ卓球遠征…

娘は、あとひとつ試合に勝てば、ベスト8だったみたいだ。

こうして、娘がひとつのことに、熱中している姿は頼もしい。

 

さて…長ーい子育て期間で、道中は

「早く自分ひとりの時間が欲しい」と思ったものだけど…

いざ、娘のいない夜は…やっぱりさみしい(勝手な親です…)

でも、これもコーチが引率してくださったり、一緒に行く仲間があってこそ…

この時間がある…

本当にありがとうございます。

わたしは、「今あるもの」を感じながら、

今日の夜をじっくりと味わいたい…

飛騨高山といえば、さるぼぼ…のお守り。

「ぼぼ」は飛騨弁で「赤ちゃん」の意味だそうです。

さるぼぼとは、猿の赤ちゃんという意味。

この猿は災いや病が「去る」という言葉にかかっていて、

厄除け祈願を意味する縁起物です。

お守りも色により、効能が違うようです。

 

さるぼぼについてもっと知りたい方はこちら↓

IKI~今日よりちょっと粋な明日を~

 

小さい頃から、何かと目にしてきたさるぼぼ…

私もまた飛騨高山に行きたくなりました。