娘の家庭科の宿題で

「生まれたころから今まで」の成長過程の調査が

わたしに入った^^;

それは、生まれたころの身長、体重ということから、

何ヶ月で寝返りできたか…歩き出したのはいつか…

ということに始まり、

子育てしてきてうれしかったこと、恥ずかしかったことなど

母へのインタビューが始まった(^^;

 

はぁ~情けない…わたしの記憶力(笑)

末っ子ということで、一番記憶に新しいはずなのに

母子手帳を探し、にらめっこ(笑)

わたしにとっても懐かしく、育児を振り返る良い機会となった。

さて、

ひとつエピソードを混じえると、娘が2歳くらいの夏…

知人から、冬物衣料をたくさんいただいた。

それをみせたら、あるコートを気に入ってしまい

「それを着て、外へ買い物に行く」(笑)というので

出かけた覚えがある。

暑かったでしょうに…近所の方も大笑い。

さて、昨日は我が家も昔から欠かさず見てきた

「石田さんちの大家族」のTVを楽しく見させていただいた。

その中で、長男さんが、うまくかみあっていない父と母を見て

「お互いにいやな部分しか見ないんだよね」って

話していたのが、耳に残る…そして、耳が痛い。

もう、すっかりおとなだねぇ…

長男さんの言葉が身に染みる。

そして、石田さんちの、ある息子さんのおやんちゃっぷりが

うちの誰かさんにも似ている(笑)

みんなこうしておとなになっていくんだろうなぁ。

わたしも偉そうに、今だからこんなことが言えるけど…

まだまだ、わたしも母として成長過程…

娘からも学び中…