「人は、今を生きることが一番、大事だと思う」

…といったのは、つい最近の長男。

それは、卓球の流れにのって、今も尚、試合に出る娘…

一方で、受験をひかえている。

今後の生活について、相談した時の返事だった。

わたしも、卓球を続けることがダメなことだとは思っていないが、

やはり、親たるもの、高校に入るまでは、心配が尽きない…(^^;

今までに、受験生を送り出したことがないわけでもなかろうに…(笑)

 

「今、○○(娘)がやりたいことをやればいい」と…。

ほ~なるほどぉ~!!(笑)

いや、わたしもそれはわかっているんだよ。

一方で、長男がそんなことを言うようになったんだなぁと嬉しくなった。

長男自身、生きづらさを抱えていた高校時代。

人の目を気にして自分を出せなかった…。

毎日、自分の顔を隠すように、マスクをしていった。

制服のカッターを異常なまでに、ピンピンにアイロンをかけて、整えていた。

(今となっては、もう一回、几帳面になってほしい(^^;)

紆余曲折を乗り越えてきたからこその、重みのある言葉だった。

そして、この卓球の流れに乗るのも悪くないな…と思った日であった。

何がいいかは、本人が決めればいい。

 

さて、「今を生きる」とは、わたしのブログタイトルだよ…(笑)